違いを知ろう|ピルを上手に使い分けて女性を楽しむ!生理痛、肌荒れにおさらば

違いを知ろう

カプセルと錠剤

ピルには、低用量ピル、中用量ピル、高用量ピルという3つの種類があります。それぞれで配合されている成分の量が異なります。
それぞれの働きは基本的に同じなのですが、配合量が違うことによって体に与える影響が違います。
ここでは、それぞれのピルの活用方法について紹介します。

・低用量ピル
低用量ということで、成分は強くありません。日本でも避妊薬として認可されている薬で、病院で処方してもらうことができます。低用量ピルは毎日服用する必要がありますが、副作用がほとんどなく、生理痛の軽減や避妊などの効果が得られます。

・中用量ピル
低用量ピルに比べると少々成分が強くなりますので副作用は起こりやすいですが、それでも強い副作用を感じることはありません。また、中用量ピルはアフターピルとしても利用されることが多く、避妊に失敗した際に服用されます。性行為をした72時間以内に服用すれば、高い避妊効果が得られると言われています。万が一のために…とお守り代わりに持っている女性が多いです。

・高用量ピル
高用量ピルは、強い成分が配合されていますので、高い効果が得られます。一度に大量の女性ホルモンを投与することとなりますので、生理痛や無月経などの悩みも解消できます。しかし、効果が高い分、副作用も起こりやすいので注意が必要です。

このように、ピルはピルでも、成分の強さによって働きは変わります。
しっかりと違いを知った上で、自分の体に合った種類を選ぶようにしましょう。