数種類の薬

悩みとおさらばしよう

たくさんの薬

女性はファッションやメイク、ヘアスタイルなどたくさん楽しめる要素があります。女性に生まれてよかった!と感じることも多いです。しかし、その反面で毎月訪れる生理のめんどくささ、生理痛の辛さ…などはすごくストレスになることでしょう。こうした女性特有の悩みさえなければいいのに…と誰もが考えるでしょう。

ただ、ピルというお薬を上手に活用すれば、女性特有の悩みからはおさらばできますし、今以上に女性らしく変身できます。
ピルというお薬は、病院で処方してもらえます。本来はどういったときに処方してもらうのか?と言うと、生理周期が乱れている、生理痛がひどい、避妊したいというような目的です。ピルには低用量ピルと呼ばれるものとアフターピルと呼ばれるものがあります。いずれも基本的な成分や作用は同じですが、配合されている成分の量が異なります。そのため、作用の強さが違います。どんな目的でピルを服用したいのかによって処方されるピルは違ってきますので、病院で診察を受け、相談をしてから処方してもらいましょう。
ピルには女性ホルモンの分泌を活発にさせる作用があります。年齢を重ねてくると女性ホルモンの分泌量が減少傾向にあり、また、ホルモンバランスが乱れがちになります。こうしたときにピルを服用すれば、ホルモンバランスを整えることができて体の中から健康に、美しくなることができます。
低用量ピルの場合は決められた錠数を毎日服用し続けることで着床を未然に防ぎ、妊娠を回避することができます。アフターピルの場合は避妊に失敗してしまった際、性行為後72時間以内に服用することで妊娠を回避できます。
低用量ピルの場合は休薬期間中に出血が出れば生理が来たことになり、アフターピルの場合は服用後、約三週間以内に生理が来れば避妊が成功したことになります。


また、最近では通販でも低用量ピルやアウターピルを購入できるようになっていますので、とても手軽に手に入ります。通販で販売されているピルなどの医薬品は値段もとても安いという魅力もあります。

アフターピルと生理の関係についての詳細はこちら

色々な薬

避妊以外にも

ピルというと避妊薬のイメージが強いですが、生理痛を軽減させたり、生理周期を正したりする作用もあります。副作用が心配という方でも中用量のアフターピルや低用量ピルであれば副作用は少ないです。

カプセルと錠剤

違いを知ろう

ピルと一口に言っても低用量、中用量、高用量という種類があります。ここでは、それぞれの種類の特徴について紹介します。しっかりと学んで、緊急避妊薬や生理周期の改善などに役立てましょう。

様々な薬

テーマ一覧

「ピルを上手に使い分けて女性を楽しむ!生理痛、肌荒れにおさらば」のテーマ一覧です。